Essay

Essay

巡礼の旅へ、再び

1年半ぶりにサンティアゴ巡礼路を歩きました。僅か7日間ですが、大切な時を過ごしました。ポルトガル人の道、Variante Espiritualを歩くきっかけを記しました。
Essay

再会

サンティアゴ巡礼路で知り合ったイサベル。彼女の生き方は私にとって魅力に満ちている。そんな先輩と日本で再会した。熊野古道をはじめ精力的に日本を駆け回るイサベル。出会い、そして再会を綴りました。
Essay

木漏れ日

サンティアゴ巡礼の旅から始まった歩き旅。歩くからこそ見つける自然の美しさ。今回はそんな美しさに加えて自然を尊ぶがゆえに日本人が生み出す深い言葉について書いてみました。
Essay

ムッシュ・ペルラン(続)

60歳からの歩き旅。サンティアゴ巡礼で出会った人々は忘れがたく、今でも色々な形でその近況を確かめ合っている。そんな中で思いがけなくもらうメッセージもあり、その都度楽しかった日々を思い出したり、巡礼の意味について思いを巡らせるのである。
Essay

雲のお話し

60歳からの歩き旅、サンティアゴ巡礼で自然の中に身を置き感じたことがたくさんあります。その中で、日々空を見上げると様々な雲たちに出会いました。早朝に見える息をのむような美しい雲もあれば稲妻が光る灰色の雲。そんな巡礼の一面を切り取ってエッセイにしました。
Essay

ソウルメイト

62歳の初めての歩き旅がサンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す旅。その道中多くと人々と出会いました。その中で、私に大切な事を気付かせてくれた印象的な出会いについてエッセイにしました。ルイスとホセ・ハビエル。私の巡礼を豊かにしてくれた恩人です。
Essay

ミヤジマさん

62歳になって初めての歩き旅、サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す旅にでかけました。道中で出会った多くの人々。その中には大切な出会いがありました。大切な事を気付かせてくれた心に残る方々についてその出会いを書きました。
Essay

ムッシュ・ペルラン*

ミッシェル 夜明け前に宿を出て歩き始めた。町が終わって草原に入る手前で巡礼路をスマートフォンのGPSで確認した。すぐ後ろを歩いていた人はバックパックを背負っているところから巡礼者だろう。「GPS持ってるんだね。道はこっち?」暗い中ヘッドライ...
Essay

星のお話し

大聖堂のある場所はサンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)と呼ばれている。一二使徒の中で初めての殉教者となったサンティアゴの遺骸は果てしない放浪の末に行方知れずとなる。幾星霜を経て星に導かれた羊飼いが...
Essay

王家の修道院

サンティアゴ巡礼の途中、ブルゴスの町で12世紀にスペイン国王夫妻によって創設された女子修道院を訪問しました。王家がどのように創設にかかわったのか、その理念と当時の時代背景を感じながら修道院を見学しました。女性の地位向上を目指したスペインを体感します。